無料相談受付中!大阪市で建設業許可、営業許可、会社設立、民泊許可(特定認定)申請等をお考えでしたら中央区谷町にある原ちえり行政書士事務所にお任せください!

定款の重要性

定款とはなにか

定款(ていかん)とは、会社の基本的なルールを定めたものです。

したがって、会社を設立する時点である程度ルール決めを行い

組織の運営、活動を行っていくことになります。

定款=会社のルール

以下3つの事項に分けて作成をしていきます。

1.絶対的記載事項 (絶対に記載が必要)

2.相対的記載事項 (記載しなければ効力がない)

3.任意的記載事項 (どちらでも良い)

絶対的記載事項

絶対に記載が必要な項目であり、これらが欠けると定款自体が無効になってしまうものです。

①会社の事業目的

②商号

③本店の所在地

④設立に際して出資される財産の価額またはその最低額

⑤発起人の氏名または名称および住所

なお、発行可能株式総数は、会社設立時までに定款で定めることとする。

相対的記載事項

記載がなくても、定款自体は無効になりませんが、定めが記載なければ効力が生じません

例えば、現物出資等の変態設立事項や株式の譲渡制限の定めなどがあります。

任意的記載事項

定めるかどうかは任意の事項です。

定款に記載した場合は、その通りに手続きを踏む必要があります。

例えば、事業年度や役員の員数、株主総会の議長に関する規定などがあります。

なぜ重要なのか

上記にも述べたように、定款は会社のルールになります。

会社法は、会社法とは別の定めを定款でできるようにしています。

定款により会社の自治が守られるということです。

たとえ、代表取締役社長であっても定款に違反する行為は許されません。

ルールを変更する場合は、定款変更の手続きをしなければならないのです。

会社を設立する際、必ず初めにこの定款を作成します。

変更手続きにも時間・費用はかかりますから

最初の時点で、ある程度予測をたて、計画的に作成しておくことをお勧めします。

それが、必ず自社のためになります

 

次のページは個人事業と法人の比較です!

電話受付AM9:00~PM18:00 TEL 06-6945-1537 お問合せフォームにて24時間受付中!

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 原ちえり行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.