無料相談受付中!大阪市で建設業許可、営業許可、会社設立、民泊許可(特定認定)申請等をお考えでしたら中央区谷町にある原ちえり行政書士事務所にお任せください!

簡易宿所営業と特区民泊の比較

それぞれのメリット・デメリット

 簡易宿所営業特区民泊
根拠になる法律旅館業国家戦略特区法
必要な行政行為許可特定認定
メリット・1日から宿泊可能
・短期滞在旅行客の集客
・正規のOTA旅行サイトに登録可能
・全国どこでも申請可能(用途地域内)
・旅行業法の適用除外の為ハードルが低い
・効率的な土地活用が可能
・住宅転用や一室単位での売却などが可能
デメリット・基準が厳しく、許可取得のハードルが高い・条例のある特区のみ
・最低滞在日数が2泊3日以上

 

簡易宿所営業

適法な民泊営業に広く利用されているため、社会的信用は厚く、安心して利用できます。

また1日から宿泊できるため、短期滞在旅行者の集客による高い収益が期待できます。

特区民泊

簡易宿所よりもハードルが低く設定されています。

2泊3日以上の短中期滞在者、長期滞在者のニーズに対応する事業モデルとの組み合わせにより魅力的な不動産活用ができる。

 

※民泊代行業者が行政手続きの代行(申請代行など)を行うことは違法です!

行政書士にお任せください!

電話受付AM9:00~PM18:00 TEL 06-6945-1537 お問合せフォームにて24時間受付中!

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 原ちえり行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.